実家のネコは10歳を過ぎた高齢ネコです。
メスなのでおばあちゃんねこになります。

昔、一番下の妹が公園のトイレにあったダンボールでピーピー鳴いていた子猫を3匹拾ってきました。
最初子猫は5匹いたそうですが次の日になると3匹になっていたそうです。
かわいそうに思った妹はネコが入った段ボールごと抱えて家に帰りました。

母親は妹に、そんなにネコを拾ってきてもあなたはまだ小さいからネコのお世話はできないでしょう。
もちろん妹はこれから母親に怒られ諭されてネコを公園のトイレに戻さなければならないと思い、泣いていました。
ところが母親は妹の頭を撫でて、今回だけはネコを飼うことにしましょうと言ったのです。
母親のやさしさに感動したのは妹だけでなく年の離れた姉の私でもうれしくなりほろりと泣いたものです。

その後拾ったネコ3姉妹はすくすくと育ち一番大きいネコは親戚にもらわれて一番小さい猫も同級生にもらわれました。
残ったネコは体の毛の柄の配置がかなり悪く見栄えがよくありません。
ただ性格はすこぶるよく家族に愛されていました。

そのネコが10歳を超えて妊娠がわかりました。
高齢なのでかなりリスクがある出産なので入院することになったのです。
とにかく高齢なネコなので出産が無事終わるまで家族も落ち着きませんでした。
入院してから5日目の朝、無事に4匹の赤ちゃんを出産。
家族中大喜びで実家の母親は孫がうまれたときと同じくらい喜んでいました。
ネコの家族がまた増えましたが今のところネコの名前で頭がいっぱいです。

公開日

年末に、ある検査結果を聞きに総合病院へ。うすうす勘づいていましたが、入院と手術するように医師から言われてしまいました。
ずっと付き合ってきた持病とようやくおさらばできる嬉しさもありましたが、心配なのは多忙を極める主人と幼い子供達。

入院は一週間でしたが、私の実家に預けることになりました。両親に家にきてもらうことも考えましたが、忙しい主人に気を使わせないように、両親も喜んで預かってくれました。お腹を切るはじめての手術、こども達と離れての入院生活、不安で心配でいっぱいでした。いつも、私にべったりの甘えん坊さん、と思っていたらなんの、すっかりばあちゃん子になり、「ママ」の「マ」の字も出ず。さみしがっている様子微塵もなく。楽しく毎日過ごしているようです。

そして、私は、、、入院生活とっても快適でした。幸い、手術もうまくいき回復もかなり早くて、毎日三食昼寝付き。だらだらしてても誰に咎められることもなく、掃除もしなくてよし。主人は「忙しくて面会になかなかこれないから」と大量に漫画を借りてきてくれて、久しぶりに漫画も読み、テレビも観て、飯を食い、寝る、という何だかすごい休日を頂いたようでした。もちろん、入院も手術もしないにこしたことないですが、散々楽しんでリフレッシュしてしまいました。

公開日

最近、楽しかったことはディズニーランドに行ったことです。
私は今妊娠中で妊娠後期にあたるため、遠出はすることができず、もっぱら近場でショッピングをするくらいの外出しかしていませんでした。ディズニーランドに関しても、妊娠前から2枚のチケットを持っていたのですが、妊娠後期に入り寒い時期でもあったので諦めていました。

しかし、たまたまディズニーには妊婦も対象となる、ゲストアシスタントカードという列に並ぶことが困難な場合アトラクションの順番を待つ間、他の場所で待つことができるものがあると知り、利用することにしました。このカードのおかげで、当日は体調不良などのトラブルもなく楽しむことができました。

久しぶりのテーマパークで、近場でショッピングくらいしかしていなかったので、乗れないアトラクションも多いですが、良い気分転換になりとても楽しむことができました。特に、マタニティフォトを撮ることができたり、ベビーグッツを扱っているショップなどがあったり、妊娠中ならではという楽しみ方ができたことが良かったです。

赤ちゃんの誕生は待ち遠しいこととはいえ、赤ちゃんが生まれてしまうと旦那と二人でデートに行くことも難しくなります。そんなこともあり、今回のディズニーランドはとても楽しい思い出になりました。

公開日